*

施術者が知らない肩甲骨剥がしのポイント&肩甲骨に指が入らない場合の対処法

肩こりや首のコリを抱えている方を施術する時に使うテクニックで肩甲骨剥がしがあります。多くの施術者がこの肩甲骨剥がしを用いていますが、そのほとんどが本当には肩甲骨を剥がせていません。

なぜならばみんな肩甲骨の内縁や外縁だけ剥がしているからです。 実は本当に剝がさなければならない場所が他にあるのです。

また、コリが強過ぎて肩甲骨と肋骨の間に指が入らなくて肩甲骨を剥がせない場合の対処法を教えます。

その前に僕の簡単なプロフィールです。

宮近のプロフィール
26歳の時に脱サラして鍼灸指圧師となり、現在(2022年)18年目となります。 その間、整骨院やリラクゼーション店など様々な店舗で働いてきて、9年前に渋谷区広尾に施術代60分15,000円の治療院SHINを開業しました。

 

院内での治療に平行してミュージシャンのコンディショニングのケアとして、コンサートの全国ツアーにトレーナーとして帯同等も経験しています。

 

また開業以来9年間、患者さんの集客のための広告費はかけた事がありません。0円です。患者様のご紹介だけで成り立っています。現在、患者様への施術と同時に施術者育成のための独自のセミナーやスクールを開催。モットーは「少人数で細かな所まで徹底的に指導して本当の技術を身に付けてもらう」

肩甲骨剥がしで大事なポイント

肩甲骨剥がしで大事なポイントは

・肩甲骨下角

・肩甲骨上角

この2点です。ここが剥がれないと本当には肩甲骨が剥がれた事になりません。引いては肩こりなどの改善にもなりません。

肩甲骨下角の場所は下記の丸で囲った場所です。

肩甲骨の下の尖った場所です。なぜここが癒着してしかも大事なのかというと

広背筋が付着する部分だからです

広背筋とは骨盤から背中を通って肩関節の前に繋がる筋肉です。この筋肉はPC作業など座る時間が長かったり手を前に出したりする姿勢で固まります。そうすると肩が前に入って背中が丸まった姿勢になります。肩こり首のコリ等の原因個所としてはとても大事な筋肉です。

この筋肉が肩甲骨の下角に引っ付いているのです。となると肩こりによってこの肩甲骨下角部分が固まってしまうのです。だからここを剥がすのがとても大事なのです。

次に肩甲骨上角ですが下記の場所です

肩甲骨の内側の尖った部分です。

ここは首や背中の筋肉が引っ付いていたり覆っている箇所です。多くの方が肩こりを感じる部分です。

だからとても癒着しています。

以上の箇所が肩こりや首のコリ、背中のコリを感じている方はとても癒着していて肩甲骨が動かなくなっているのです。しかし多くの施術者がこの2カ所を剥がしていません。だから本当には肩甲骨が剥がれていないのです。

この2カ所もしっかり剥がしましょう

指が入らなくて肩甲骨を剥がせない場合の対処法

肩こりが酷い人の肩甲骨は背中にベッタリと張り付いています。そうすると肩甲骨を剥がそうとしても指が肩甲骨の裏側に入らない時があります。そんな状態で無理に指を入れようとすると痛くて受けている人に力が入ってしまい、ますます入らなくなります。しかも自分の指も傷めてしまいます。

そのため、指が入らないくらい癒着している時は最初に肩甲骨を剝がしやすい状態にしてあげる事です。

方法としては肩甲骨を動きの悪い方向へ動かします。肩こりや背中のコリが酷い方のほとんどは肩甲骨の「下制」と「内転」の動きが悪くなっています。

下制とは下に動く事で肩を引き下げる動きになります。

下記のような動きです

肩甲骨 下制の動き

肩が凝っている方は肩が上がり気味なので肩甲骨が上に上がってしまいます。そのため肩甲骨が上がりっぱなしになっているのです。だから下に下げてあげます

内転とは体の中心に向かう動きです。下記のような動きです。

肩甲骨内転の動き

内転の動きは胸が開くような動きになります。肩や背中が凝っている方はほとんど背中が丸まる姿勢になっています。その場合、肩甲骨は体の外側に開いた状態で固まってしまっています。だから内転の動きを回復させてあげて肩甲骨を背中に寄せる様にしてあげるのです。

実際の動かし方は動画をご覧ください

肩甲骨剥がしで剥がさなければならない場所&指が肩甲骨に入らない場合の対処法の動画

この記事を見ている肩や首のコリが改善しなくて悩んでいる方は下記の治療の予約のアカウントもしくはお問い合わせからご連絡ください。

↓治療の予約&問い合わせ専用LINEアカウント

友だち追加

↓メールでのご予約やお問い合わせ

メールでのご予約・お問合せ

根深いコリや根深い痛みを改善する力を学びたい方は下記のセミナーやスクールに参加してみてください

下記のセミナーやスクールのスケジュール案内や問い合わせはLINEのメルマガ登録すると簡単です

↓お客様に信頼される施術者になるための施術者向け セミナー、スクール予約&問い合わせ専用LINEアカウント

友だち追加

コリトリスクール

「リピートしてもらえない」「あなたにしか体を任せられないと言われる施術者になりたい」コリトリスクールはそんなあなたに徹底的に付き合う生徒ファーストのスクールです。

【学べる事】

  • 物理学を使った本当に正しい体の使い方 
    施術の基本は腕や手の力を使いません。「体重圧」を利用した体全体を使って施術をします。そのためには足腰も脱力した状態で行います。この基本が出来ると簡単に深くまでほぐせます。  これは自然界に存在する物理学の「力の法則」と「てこの原理」を利用して行う事を意味します。つまり施術とは物理学という自然界の力の法則に従った方法で行う事が最も正しく効果が発揮されるのです。

    しかし今の指導者はこの物理学の法則に反した事ばかりを指導しています。いくつか例を出すならば、体重圧は足で立って押してはいけないのです。また肘を曲げて押したり逆に脇を締めて腕を真っすぐにして押してはいけないのです。しかし足でしっかり立って押しなさいとか体重を乗せる時に肘を曲げながら押しなさいと教えている指導者に心当たりがあるのではないでしょうか?他にも沢山物理学に反した事を今の指導者は教えています。

    ここでは物理学に基づいた本当に正しい体の使い方を教えます。これによりどんなに根深いコリや痛みでもほぐせます。そして施術者自身の体への負担も少ないので体を壊さずに施術が出来ます
  • 根深いコリや痛みを改善するテクニック
    当院は根深くどこに行っても改善しなかったコリや痛み、何十年と抱えたコリや痛みの改善を得意としてます。
    そのコツはアプローチする場所にあります。宮近がアプローチするのは
    ・筋肉や筋膜が骨に付着する所
    ・深層筋膜の癒着
    ・スムーズに動かない関節

    これらの場所になります。この宮近独特のアプローチ方法を教えます。
  • 細部まで理解できる繊細な触診力  
    施術効果の差で決定的な力は<触診力の差>です。原因個所を見つけるのは理論だけではありません。細部まで感じ取れる繊細な触診力です。しかしこの触診力を鍛えるスクールはありません。なぜならば講師業の人で教えられる人がいないからです。このスクールでは他では教えてくれない繊細な触診力を教えます。
  • 考える力
    コリや痛みを改善するためには一人一人に適した施術を施せる事が大事です。そのためには今から施術する人の体を知ってそこから施術方針を決める事が大事です。決して覚えたテクニックや理論を考えもなく施してはダメです。 そのためには「考える力」が必要です。 スクールではいつも生徒に考えさせます。そうする事で理論やテクニックを本当の意味で使いこなせる施術者になれます。

授業数は72カリキュラムで4名の少数精鋭なので徹底的に手取り足取り指導していきます。

コリトリスクールの生徒は随時募集していますので、詳細はこちらをクリックしてください

https://shin-wellness.com/school/

根深いコリや痛み、長年抱えたコリや痛みを改善できるセミナー

【学べる事

  • 物理学を使った正しい体の使い方の基本
  • 細部まで理解できる繊細な触診力
  • 根深いコリや痛みを改善するテクニック

スクールで教えているこの3つを教えます。

初めての方はこちら↓

8月24日(水) 10時~13時

8月28日(日) 10時~13時

9月25日(日) 10時~13時

9月28日(水) 10時~13時

2回目以降の方はこちら↓


【テーマ:腰部・下肢】

9月18日(日) 10時~13時

9月21日(水) 10時~13時

【テーマ:首・肩・背中】

8月21日(日) 10時~13時

8月31日(水) 10時~13時

セミナーのお申し込みはこちら

米国での解剖実習を活かした「骨を動かす」「骨から剥がす」頭蓋骨へのアプローチ

セミナーと5回のマスターコースを行います。

セミナーとマスターコース(カリキュラム5回)があります。
セミナーはどの様なアプローチかを体感してもらうセミナーです。こちらを受講して本格的に学びたいと思った方は合計5回のマスターコースで学んでください。このセミナーに参加された方はマスターコースの割引があります。

<セミナー開催日>

9月4日(日) 10時~13時

9月7日(水) 10時~13時

セミナーのお申し込みはメールにてお問い合わせください↓

・頭蓋骨アプローチ マスターコース

マスターコースは5回です。この5回でアプローチする場所やアプローチのコツを学んでもらいます。

宮近の考えや症例を掲載した小冊子

根深いコリや痛み、長年患っているコリや痛みの考え方や改善方法、また宮近が治療を手掛けてきた症例をまとめた小冊子をご覧になりたい方

小冊子「背骨をほぐせば身体が変わる」を無料配布中、詳細はこちらから

関連記事

膝の痛み

症例 歩くと足首から足の甲にかけて痛む ~骨をほぐす例~

足首から足の甲にかけて歩くと痛む 今回は足首が痛む方の症例です。 原因は足首より上の脛

記事を読む

上腕骨へのアプローチは肩こりや肩関節の動きを良くする

本当に技術を身に着けたい人のための少人数、徹底指導の技術スクール コリトリスクール二期生30回

記事を読む

【坐骨神経痛 ヘルニアと診断】 40代男性

右膝内側の痛み 30代女性

症状 一週間前に趣味のトレイルランをしている最中に右膝の内側(鵞足周囲)が痛くなり、それ以降歩

記事を読む

授業内容を急遽変更して生徒のギックリ腰の考察とアプローチ

本当に技術を身に着けたい人のための少人数、徹底指導の技術スクール <コリトリスクール> 「た

記事を読む

足底腱膜炎やシンスプリント、足首の痛みのポイントは足根骨の「関節と脛腓の「骨や骨間膜」

本当に技術を身に着けたい人のための少人数、徹底指導の技術スクール二期生 今回の授業は足首の周り

記事を読む

新着記事

【動画付】 膝痛や腰痛の原因個所 大腿四頭筋のほぐし方

簡単そうだけどくすぐったがられたり痛いだけだったりする大腿四頭筋の正しいほぐし方をお伝えします

記事を読む

スマホを寝ながら見ると痺れる腕 腕の痺れを治す施術動画

寝ながらスマホを見ると右腕がしびれを訴える患者さんが一回の治療で改善 今回は治療風景の動画を

記事を読む

【動画付】ふくらはぎは筋膜を剥がせば力不要でほぐれてむくみ解消

ガチガチなふくらはぎは強く押したり揉んだりしてもほぐれません この時期は冷房の部屋にいるため

記事を読む

肩甲骨はがしが女性でも体が小さくても簡単にしっかり出来る方法

肩甲骨はがしは力作業ではない 前回、肩甲骨内縁以外に本当に剥がさなければならない場所をお伝え

記事を読む

検証実験 低い位置の水平指圧で強押しできるのはどちらの姿勢か

膝で立って押す方法はダメです 指圧やもみほぐしで水平に押したい時、よく膝で立って押している人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【動画付】 膝痛や腰痛の原因個所 大腿四頭筋のほぐし方

簡単そうだけどくすぐったがられたり痛いだけだったりする大腿四頭筋の正

スマホを寝ながら見ると痺れる腕 腕の痺れを治す施術動画

寝ながらスマホを見ると右腕がしびれを訴える患者さんが一回の治療で改善

【動画付】ふくらはぎは筋膜を剥がせば力不要でほぐれてむくみ解消

ガチガチなふくらはぎは強く押したり揉んだりしてもほぐれません

肩甲骨はがしが女性でも体が小さくても簡単にしっかり出来る方法

肩甲骨はがしは力作業ではない 前回、肩甲骨内縁以外に本当に剥が

施術者が知らない肩甲骨剥がしのポイント&肩甲骨に指が入らない場合の対処法

肩こりや首のコリを抱えている方を施術する時に使うテクニックで肩甲骨剥

→もっと見る

PAGE TOP ↑