*

【動画で解説】リモートワークによる肩こりや四十肩(肩関節周囲炎)を改善するテクニック解説

前回の記事で長時間のリモートワークやスマートフォンによる肩こりを解消する施術動画をお伝えしました。その中で原因個所として大きなウェイトを占めているのが腕のコリ=上腕の癒着であるともお伝えしました。

↓前回の施術動画

今回の記事ではその上腕のコリ(上腕の癒着)を取り除くテクニックの解説を動画とテキストでお伝えします。

なかなか上肢の施術法を教えている所はありませんから上肢のコリを取り除く方法や上肢の施術によって首肩のコリや痛みを改善する方法を知る術がなかなかないと思います。なのでお役に立つ記事になっていると思います。

その前に僕のプロフィールです。

宮近のプロフィール
26歳の時に脱サラして鍼灸指圧師となり、現在(2022年)18年目となります。 その間、整骨院やリラクゼーション店など様々な店舗で働いてきて、9年前に渋谷区広尾に施術代60分15,000円の治療院SHINを開業しました。毎日平均して4~5人施術しています。

 

院内での治療に平行してミュージシャンのコンディショニングのケアとして、コンサートの全国ツアーにトレーナーとして帯同等も経験しています。

 

また開業以来9年間、患者さんの集客のための広告費はかけた事がありません。0円です。患者様のご紹介だけで成り立っています。

 

この様に比較的高い単価でも、継続して頂けたり紹介して頂けてるのは、他では改善出来なかったコリや痛みを改善出来ているからです。

上腕の癒着解消テクニックのポイントは【上腕二頭筋の縁】

上肢で重要な施術ポイントはいくつかありますが、今回は「上腕の前面」に絞ってお伝えします。ここは上肢の中で一番のポイントです。

↓解説付きの動画です。また、こちらの記事にも図解を踏まえて解説します。

アプローチポイントと施術方法の解説

上腕の前面のアプローチポイントは上腕二頭筋の縁と三角筋の縁です

三角筋の縁

緑の線が三角筋の縁です。この縁に沿って三角筋や大胸筋の骨に付着している部分を狙うのです。

パソコン作業の様な腕を前に上げっぱなしの姿勢はこの部分にとても負担が掛かります。そのため筋肉の骨に付着する部分や筋膜が癒着してしまうのです。もちろんPC作業以外にも腕に負担のかかる作業をされている方はこの部分は癒着しやすいです。

アプローチ方法としては、この縁から体幹から上肢に続いている深層の筋膜を狙うのです。

これにより肩関節を覆う三角筋や大胸筋、肩甲下筋という筋肉や筋膜が緩みます。それにより肩甲骨から首に繋がっている筋肉のストレスも緩和されるので肩こりの改善に役に立ちます。また、肩関節の可動域も改善するので四十肩の様な痛みの改善にも繋がります。

この時、注意する事は押したり揉んだりするのではなく、三角筋の縁から優しく手根なり母指を侵入させて癒着を剥がすアプローチになります。押したり揉んだりすると、改善しないどころか傷めてしまいます。

上腕二頭筋の縁

緑の線が上腕二頭筋の縁です。この縁の隙間から上腕筋の骨の付着部分の癒着や深層の筋膜の癒着を狙います。

パソコン作業やスマートフォンを操作する時、腕を前に出して肘を曲げた状態でずっといます。そのため、肘周囲が固まってしまうのです。特に、上腕筋が骨に付着している部分(上腕筋の起始部)はとてもストレスを感じて癒着状態になります。

そうすると肘の動きが悪くなるので、手首も固まります。手首と肘の動きが悪くなるという事は、腕を動かして行動する動作が肩甲骨周囲にとても負荷が掛かってしまうのです。

肩甲骨周囲に負荷が掛かるという事は結果、首周囲の筋肉や筋膜が固まってしまい、コリや痛みとなるのです。また四十肩の様な肩関節周囲炎にもなる可能性があります。

この複数の関節で動作をする事を「関節の連動性」と言います。腕で言うと手首、肘、肩関節の関節の連動性が首や肩のコリや痛みに影響するのです。

この関節の連動性に上腕筋は大いに関わります。ですから上腕筋の癒着が顕著に現れる上腕骨へのアプローチはとても大事なのです。この上腕筋の付着部へのアプローチもやはり上腕二頭筋の縁から行います。上腕筋は上腕二頭筋の下にあるので、上腕二頭筋の縁から狙わないときちんとアプローチできないのです。

施術の注意点

以上の観点から上腕へのアプローチはとても大事です。

しかし、施術方法が間違うと結果効果が無かったり逆に傷めたりしてしまいます。

施術方法で大事な事は下記の3点です

  • 腕や手首の力を抜く
  • 足腰で立ったり足腰に力が入ってはいけない
  • 触診で癒着を正確に把握してアプローチ

これは僕が再三お伝えしている施術の基本です。やはり基本がいついかなる時もしっかりしていないと、いくらすごいテクニックを知っていても宝の持ち腐れです。この基本を手を抜くことなく正しく行って施術をしてください。

この記事を見て腕の疲労が多いだろうなと思っている方は下記の治療の予約のアカウントもしくはお問い合わせからご連絡ください。

↓治療の予約&問い合わせ専用LINEアカウント

友だち追加

↓メールでのご予約やお問い合わせ

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeoPuirtgzZg_IoPZliS74pIx7MaVur8lKwoFTQhcX2Bn6a_w/viewform

根深いコリや根深い痛みを改善する力を学びたい方は下記のセミナーやスクールに参加してみてください

下記のセミナーやスクールのスケジュール案内や問い合わせはLINEのメルマガ登録すると簡単です

↓お客様に信頼される施術者になるための施術者向け セミナー、スクール予約&問い合わせ専用LINEアカウント

友だち追加

コリトリスクール

「リピートしてもらえない」「あなたにしか体を任せられないと言われる施術者になりたい」コリトリスクールはそんなあなたに徹底的に付き合う生徒ファーストのスクールです。

【学べる事】

  • 物理学を使った本当に正しい体の使い方 
    施術の基本は腕や手の力を使いません。「体重圧」を利用した体全体を使って施術をします。そのためには足腰も脱力した状態で行います。この基本が出来ると簡単に深くまでほぐせます。  これは自然界に存在する物理学の「力の法則」と「てこの原理」を利用して行う事を意味します。つまり施術とは物理学という自然界の力の法則に従った方法で行う事が最も正しく効果が発揮されるのです。

    しかし今の指導者はこの物理学の法則に反した事ばかりを指導しています。いくつか例を出すならば、体重圧は足で立って押してはいけないのです。また肘を曲げて押したり逆に脇を締めて腕を真っすぐにして押してはいけないのです。しかし足でしっかり立って押しなさいとか体重を乗せる時に肘を曲げながら押しなさいと教えている指導者に心当たりがあるのではないでしょうか?他にも沢山物理学に反した事を今の指導者は教えています。

    ここでは物理学に基づいた本当に正しい体の使い方を教えます。これによりどんなに根深いコリや痛みでもほぐせます。そして施術者自身の体への負担も少ないので体を壊さずに施術が出来ます
  • 根深いコリや痛みを改善するテクニック
    当院は根深くどこに行っても改善しなかったコリや痛み、何十年と抱えたコリや痛みの改善を得意としてます。
    そのコツはアプローチする場所にあります。宮近がアプローチするのは
    ・筋肉や筋膜が骨に付着する所
    ・深層筋膜の癒着
    ・スムーズに動かない関節

    これらの場所になります。この宮近独特のアプローチ方法を教えます。
  • 細部まで理解できる繊細な触診力  
    施術効果の差で決定的な力は<触診力の差>です。原因個所を見つけるのは理論だけではありません。細部まで感じ取れる繊細な触診力です。しかしこの触診力を鍛えるスクールはありません。なぜならば講師業の人で教えられる人がいないからです。このスクールでは他では教えてくれない繊細な触診力を教えます。
  • 考える力 コリや痛みを改善するためには一人一人に適した施術を施せる事が大事です。そのためには今から施術する人の体を知ってそこから施術方針を決める事が大事です。決して覚えたテクニックや理論を考えもなく施してはダメです。 そのためには「考える力」が必要です。 スクールではいつも生徒に考えさせます。そうする事で理論やテクニックを本当の意味で使いこなせる施術者になれます。

授業数は72カリキュラムで4名の少数精鋭なので徹底的に手取り足取り指導していきます。

コリトリスクールの生徒は随時募集していますので、詳細はこちらをクリックしてください


https://shin-wellness.com/school/


根深いコリや痛み、長年抱えたコリや痛みを改善できるセミナー

【学べる事】

  • 体の使い方の基本
  • 細部まで理解できる繊細な触診力
  • 根深いコリや痛みを改善するテクニック

スクールで教えているこの3つを教えます。

初めての方はこちら↓

4月24日(日) 10時~13時

4月27日(水) 10時~13時

5月22日(日) 10時~13時

5月25日(水) 10時~13時

6月22日(水) 10時~13時

6月26日(日) 10時~13時

セミナーのお申し込みはこちら↓

https://shin-wellness.com/seminar/embed/#?secret=fTbAD7vkXd

2回目以降の方はこちら↓
【テーマ:腰部・下肢】

5月15日(日) 10時~13時

5月18日(水) 10時~13時

【テーマ:首・肩・背中】

6月15日(水) 10時~13時

6月19日(日) 10時~13時

※二回目以降のお申し込みを希望の場合は治療院のメールにご連絡ください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeoPuirtgzZg_IoPZliS74pIx7MaVur8lKwoFTQhcX2Bn6a_w/viewform

米国での解剖実習を活かした「骨を動かす」「骨から剥がす」頭蓋骨へのアプローチ

セミナーと5回のマスターコースを行います。

セミナーとマスターコース(カリキュラム5回)があります。
セミナーはどの様なアプローチかを体感してもらうセミナーです。こちらを受講して本格的に学びたいと思った方は合計5回のマスターコースで学んでください。このセミナーに参加された方はマスターコースの割引があります。

<セミナー開催日>

4月28日(木) 10時~13時

5月11日(水) 10時~13時

5月29日(日) 10時~13時

6月1日(水) 10~13時

セミナーのお申し込みはメールにてお問い合わせください↓

https://shin-wellness.com/skull/seminar/embed/#?secret=Rf2qNXrrhj

・頭蓋骨アプローチ マスターコース

マスターコースは5回です。この5回でアプローチする場所やアプローチのコツを学んでもらいます。

宮近の考えや症例を掲載した小冊子

根深いコリや痛み、長年患っているコリや痛みの考え方や改善方法、また宮近が治療を手掛けてきた症例をまとめた小冊子をご覧になりたい方

小冊子「背骨をほぐせば身体が変わる」を無料配布中、詳細はこちらから

関連記事

不安からの脱却

一期生修了 それぞれに大きな結果が残せた約2年半

本当に技術を身に着けたい人のための少人数、徹底指導の技術スクール コリトリスクール一期生96回 最終

記事を読む

本当の技術力とは

本当の技術力とは単に手技のことじゃない

前回のコラムでひどい肩こりを取るにはニンゲンの身体を表裏という概念で診ると言いました。 表裏と

記事を読む

no image

届いたよボタンのクリック有難うございます!

届いたよボタンのクリック有難うございます。 小冊子をお読みいただいてのご感想がもしあればぜひ教

記事を読む

受講生が初めて気付くこと

受講生が初めて気づくこと

当方の技術講義参加者達がここで初めて気づいた事の中で多く聞かれる声が 「筋肉が柔らかくなってい

記事を読む

【稽流流産】 30代女性

【稽流流産】 30代女性

当院で治療を行った患者さんの状態と治療内容です 世の中にはリラクゼーション・鍼灸・マッサージ・カイ

記事を読む

新着記事

【実演動画有】2回の治療で治癒した五十肩(肩関節周囲炎)の解説と治療法の実演

実際に来院して治癒した半年動かせなかった五十肩(肩関節周囲炎)の原因個所を解説します。そしてアプロ

記事を読む

アライメントを調整する方へ

マッサージでほぐれないコリの正体と新しいほぐし方の理論3つ

この記事ではマッサージの様な筋肉を揉んだり押してもほぐれないコリや痛み、または何十年と付き合ってい

記事を読む

【動画有】仰向けで癒着を潰せばガチガチの肩上部(肩井)の肩こりはほぐれます

鉄の様に固まった肩上部の肩こりは筋肉を揉むのではなく仰向けで筋膜や頚椎の癒着を潰せばほぐれます

記事を読む

【ギックリ腰治療動画】寝返りや靴を履く事が出来ない腰痛を3Dストレッチで解消

酷い腰痛やギックリ腰の原因の多くは関節の連動性の欠如です。今回はその関節の連動性を戻す治療で痛みが

記事を読む

【動画有】後頭下筋群をほぐすには骨と筋膜の癒着を指圧で狙え

頭の付け根のコリをほぐすにはうつ伏せよりも仰向けです。また、反対の目の方向に押す等圧の方向を決めて

記事を読む

【実演動画有】2回の治療で治癒した五十肩(肩関節周囲炎)の解説と治療法の実演

実際に来院して治癒した半年動かせなかった五十肩(肩関節周囲炎)の原因

アライメントを調整する方へ
マッサージでほぐれないコリの正体と新しいほぐし方の理論3つ

この記事ではマッサージの様な筋肉を揉んだり押してもほぐれないコリや痛

【動画有】仰向けで癒着を潰せばガチガチの肩上部(肩井)の肩こりはほぐれます

鉄の様に固まった肩上部の肩こりは筋肉を揉むのではなく仰向けで筋膜や頚

【ギックリ腰治療動画】寝返りや靴を履く事が出来ない腰痛を3Dストレッチで解消

酷い腰痛やギックリ腰の原因の多くは関節の連動性の欠如です。今回はその

【動画有】後頭下筋群をほぐすには骨と筋膜の癒着を指圧で狙え

頭の付け根のコリをほぐすにはうつ伏せよりも仰向けです。また、反対の目

→もっと見る

    PAGE TOP ↑