*

技術力アップに欠かせないのにやっていない事

検査法や文献では見つけられない原因場所が最大の問題

僕たちの仕事はコリや痛みの改善度合いが高ければ高いほど患者さんに喜ばれますしリピートしてくれる患者さんとなります。

ではその改善度合いが高くなる差は何かと言いますと、いたってシンプルです。

「どれだけ目の前の患者さんの体を理解出来ているか」の差です。

これに尽きます。逆に患者さんの状態を理解できている範囲でしか良くする事はできません。たまにまぐれで何となく施した施術ですごく良くなる事もあるかもしれませんが、そんなまぐれは何度も続きません。

施術者が原因を理解出来ている範囲でしか良くする事はできないのです。

しかしその原因を理解していると言うのは、検査法で得た情報だけではありません。また色々な文献で知った知識ではありません。

一番大事な情報は「触診」で得た情報です。

検査法や文献で知った原因ももちろん必要です。しかしそれらで得た情報ではミリ単位での原因追及にはなりません。なんとなくのぼんやりした範囲でしかわかりません。しかし実際はミリ単位で原因個所は変わります。それを特定できる方法は触診以外にはありえないのです。そのミリ単位を特定しないと処置が甘くなり、痛みやコリの改善精度が下がってしまうのです。

また、人の体は千差万別です。同じ症状を訴えていても原因個所が人によって違ったり複数の原因個所を抱えている方がいます。それらの原因を特定するためにも同じく触診が重要になります。検査法や文献だけで原因を特定してしまったら見逃している原因個所が必ずあります。その見落とした原因個所のせいで改善度合いが下がってしまうのです。

触診力を伸ばす指導者や教育機関がない

しかし今は原因の特定を検査法や文献からの知識だけで満足している施術者ばかりです。触診を蔑ろにしています。そして触診力を鍛える指導者もみかけません。多くの指導者が理論や検査法の話ばかりです。しかし体を知るという事は触診で知る事です。検査法で知った事にはならないです。

ですから触診を鍛えなければなりません。数値化できないしマニュアル化できないから触診力を伸ばすのは難しいです。しかし、もっと痛みやコリを改善してあげたかったら避けて通れないですし、みっちりと指導してもらえれば必ず伸びます。触診と言うものを大事にしてください。

当方も今までお伝えした通り、触診と言うものをとても重要視しています。そしてスクールやセミナーの生徒たちに触診を徹底的に指導します。

そうして皆さん見違えるほど現場での施術効果がアップしていくのです。

触診力を鍛えて根深いコリや根深い痛みを改善する力を学びたい方は下記のセミナーやスクールに参加してみてください

当方は根深いコリや根深い痛みの改善を得意としています。そのカギとなるのは「骨をほぐす事」です。

根深いコリや根深い痛みの原因個所は「骨」にあるのです。その骨をアプローチする方法です。

これを学びたい方は下記のセミナーやスクールで学んでみて下さい。

~~~

【ご案内】症状が酷いコリや痛みは骨からほぐす事です。

当方の考えはスクールや小冊子の無料配布、毎月技術セミナーで学べます。ぜひ参考にしてみてください

<コリトリスクール>

「リピートしてもらえない」「あなたにしか体を任せられないと言われる施術者になりたい」コリトリスクールはそんなあなたに徹底的に付き合う生徒ファーストのスクールです。

コリトリスクールの生徒は随時募集していますので、詳細はこちらをクリックしてください↓
https://shin-wellness.com/school/

<セミナー開催日>

根深いコリや痛みの改善にはコリや痛みは骨からほぐす事です。

骨をほぐす方法を実技を交えお伝えする、初めての方向けセミナー

初めての方はこちら↓

11月22日 10時~13時

11月25日 10時~13時

12月13日 10時~13時

12月23日 10時~13時

セミナーのお申し込みはこちら↓

https://sec.towatech.net/seminar/search_result/show/12978

2回目以降の方はこちら↓
【テーマ:腰部・下肢】

11月15日 10時~13時

11月18日 10時~13時

【テーマ:首・肩・背中】

12月16日 10時~13時

12月20日 10時~13時

※二回目以降のお申し込みを希望の場合はサロンのメールにてご連絡ください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeoPuirtgzZg_IoPZliS74pIx7MaVur8lKwoFTQhcX2Bn6a_w/viewform

<米国での解剖実習や鍼灸のツボを基にした頭蓋骨へのアプローチ>

セミナーと5回のマスターコースを行います。

セミナーはベーシック版となっています。まずはどの様なアプローチかを実感してもらうセミナーです。こちらを受講して本格的に学びたいと思った方は合計5回のマスターコースで学んでください。このベーシックに参加された方は本コースの割引があります。

<セミナー開催日>

11月15日 14時~17時

11月29日 10時~13時

セミナーのお申し込みはメールにてお問い合わせください

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeoPuirtgzZg_IoPZliS74pIx7MaVur8lKwoFTQhcX2Bn6a_w/viewform

・マスターコース

マスターコースは5回です。この5回でアプローチする場所やアプローチのコツを学んでもらいます。

<無料小冊子>

今までにはないアプローチを解説した小冊子

小冊子「背骨をほぐせば身体が変わる」を無料配布中、詳細はこちらから

関連記事

背骨のコリ

背骨の癒着を除去すれば自律神経失調症や首や肩のコリが改善する

今回の記事では自律神経失調症の改善するポイントをお伝えします。明確な原因が無いのに肩こりや不眠、慢

記事を読む

深い肩コリには

痛みやコリの原因を狙うならピンポイントを狙わないとダメ

「この筋肉をほぐせば」ではなく「この筋肉のピンポイントをほぐせば」が正しい 痛みやコリを改善

記事を読む

大腿内側のコリ物質

大腿内側のコリ物質の除去が冷えや内臓不調、慢性疲労を取る 

以前、コラムで背骨のコリを解きほぐすことで不定愁訴やひどいコリが改善するとお伝えしました ht

記事を読む

肩こり、痛みの原因として多い板状筋や肩甲挙筋の本当のほぐし方~僧帽筋を「剥がす」~

今回は首肩こりや首の痛み、頭痛などの原因として多く見られる板状筋や肩甲挙筋のアプローチについて解説

記事を読む

【肩甲骨だけじゃない】肩こり背中のコリを解消する肋骨ストレッチ

肩こりは肩甲骨だけが原因ではない 今回は辛い肩こりや背中のコリを解消するストレッチをお伝えし

記事を読む

新着記事

【実演動画有】2回の治療で治癒した五十肩(肩関節周囲炎)の解説と治療法の実演

実際に来院して治癒した半年動かせなかった五十肩(肩関節周囲炎)の原因個所を解説します。そしてアプロ

記事を読む

アライメントを調整する方へ

マッサージでほぐれないコリの正体と新しいほぐし方の理論3つ

この記事ではマッサージの様な筋肉を揉んだり押してもほぐれないコリや痛み、または何十年と付き合ってい

記事を読む

【動画有】仰向けで癒着を潰せばガチガチの肩上部(肩井)の肩こりはほぐれます

鉄の様に固まった肩上部の肩こりは筋肉を揉むのではなく仰向けで筋膜や頚椎の癒着を潰せばほぐれます

記事を読む

【ギックリ腰治療動画】寝返りや靴を履く事が出来ない腰痛を3Dストレッチで解消

酷い腰痛やギックリ腰の原因の多くは関節の連動性の欠如です。今回はその関節の連動性を戻す治療で痛みが

記事を読む

【動画有】後頭下筋群をほぐすには骨と筋膜の癒着を指圧で狙え

頭の付け根のコリをほぐすにはうつ伏せよりも仰向けです。また、反対の目の方向に押す等圧の方向を決めて

記事を読む

【実演動画有】2回の治療で治癒した五十肩(肩関節周囲炎)の解説と治療法の実演

実際に来院して治癒した半年動かせなかった五十肩(肩関節周囲炎)の原因

アライメントを調整する方へ
マッサージでほぐれないコリの正体と新しいほぐし方の理論3つ

この記事ではマッサージの様な筋肉を揉んだり押してもほぐれないコリや痛

【動画有】仰向けで癒着を潰せばガチガチの肩上部(肩井)の肩こりはほぐれます

鉄の様に固まった肩上部の肩こりは筋肉を揉むのではなく仰向けで筋膜や頚

【ギックリ腰治療動画】寝返りや靴を履く事が出来ない腰痛を3Dストレッチで解消

酷い腰痛やギックリ腰の原因の多くは関節の連動性の欠如です。今回はその

【動画有】後頭下筋群をほぐすには骨と筋膜の癒着を指圧で狙え

頭の付け根のコリをほぐすにはうつ伏せよりも仰向けです。また、反対の目

→もっと見る

    PAGE TOP ↑