*

背骨のコリ物質を除去することが自律神経失調症や首肩のコリの解消になる

公開日: : 最終更新日:2019/11/03 スクール セミナー, 健康コラム, 施術者向け

前回のコラムで自律神経失調症の症例を掲載しました。

自律神経失調症 40代男性

 

自律神経失調症のような内臓や血液などに原因がない症状でキーになる場所は背骨です。背骨が凝っているのです。背骨が凝ることで身体に色々な症状が出てしまうのです。それは自律神経失調症ほどの症状が出ていない、肩こりや頭痛、慢性疲労の様な状態でも関係してます。

実際に肩こりが酷い人や内臓の調子がすごく悪い人、不眠な人は背骨や肩甲骨と筋肉の境目がわからなず、背中が一枚の板のように真っ平らになっています。

 

原因としては背骨には脊髄という人間の中枢神経が走っています。またその傍らに交感神経という自律神経も走っています。ですから背骨の状態が悪いと自律神経が乱れてしまうのです。

また中医学で言いますと、背骨のラインには「督脈」という経絡(気の流れるライン)が走っています。この経絡は陰部から頭の方へ背骨を伝って上がり、後頭部からぐるっと頭の前〜顎まで走っています。そしてそれだけではなく、後頭部にある「ぼんの窪」辺りから体内に入って脳へ直接経絡が走ります。つまり脳に何かあると、この経絡は影響を大きく受けるのです。

自立神経失調症とはほとんどがストレスから発症する症状です。ストレスと言っても負のストレスだけではありません。生活のリズムがバラバラによるストレス、液晶画面を見過ぎて光線を浴びてしまうストレスといった自分では感じていないストレスも関係しています。

ストレスというと負の要素だけを考えてしまいがちです。しかしストレスとは負の要素だけではありません。仕事をポジティブにバリバリやっている人や人が好きで気を配るのが好きという人はそのストレスに気づいていない事も多々あるのです。気配りというと聞こえはいいですが、悪く言うと人に神経を注いでいて気が休まっていなくて頭にとってはストレスなのです。

 

ではどのようにして施術を行えばいいのでしょうか。

大事なことは背骨にもコリ物質があるということです。コリ物質とは気血水の滞りで(詳しくはこちら「コリ物質ってナンだ?」https://shin-wellness.com/blog/column/03/ )筋肉の隙間や骨の際、骨の間に存在します。それが背骨にこびりついてしまい背骨上の気血の流れが悪くなってしまうのです。そのコリ物質を取り除けば自律神経も正常に働き出します。また気血水の流れも良くなるので背中、肩、首の筋肉がほぐれるのはもちろん、全身の気血の流れも良くなるので自立神経失調症のような不定愁訴が改善するのです。

背骨でコリ物質が存在している場所は棘突起間の隙間や背骨と脊柱起立筋の間です。そこに引っかかるコリ物質の隙間があるのでそれをアプローチします。むやみやたらに背骨を押しても変わりませんし、脊柱起立筋を押しても変わりません。

その引っかかりを何度かアプローチしていると背骨周囲のむくみが取れてきて背中全体の筋肉が緩むのもわかります。背中の筋肉の張りもここをやると圧倒的にほぐれます。一生懸命背中の筋肉を押す必要はないのです。

人間の身体を巡る血、気、水の流れを良くしてあげれば自然と身体は良くなっていくのです。

 

 

~~~

【ご案内】

症状が酷いコリや痛みは骨からほぐす事です。

スクール、セミナー、無料小冊子のご案内

 

<コリトリスクール>

本当に技術を身に着けたい人のための少人数、徹底指導の技術スクール コリトリスクール

「ただの揉みほぐしではなく治療がしたい」「本当に喜ばれる施術をしたい」コリトリスクールはそんなあなたに徹底的に付き合う生徒ファーストのスクールです。

生徒は随時募集していますので、詳細はこちらをクリックしてください↓
https://shin-wellness.com/school/

 

<セミナー>

また、毎月4回技術セミナーを開催しています。ぜひ参考にしてみてください

https://shin-wellness.com/seminar/

 

<無料小冊子>

今までにはないアプローチを解説した小冊子を無料配布中、詳細はこちらから

小冊子「背骨をほぐせば身体が変わる」を無料配布中、詳細はこちらから

関連記事

最後に物を言うのは基礎力。~基礎力のない施術者なんてただのメッキ~

「本当に技術を身に着けたい人のための少人数、徹底指導の技術スクール コリトリスクール」一期生第66回

記事を読む

目の疲れにはココを狙え

目の疲れに効くコツは骨の裏側と「剥がす」 リモートワークが増えた昨今。今まで以上に目の疲れが

記事を読む

膝の痛み

アキレス腱と踵の痛みで底屈が出来ない ~関節の動きを診る~

症状 踵のアキレス腱が付着する部分が痛い   病歴 2週間前にサー

記事を読む

上肢の関節の癒着を剥がす事で肩コリや肩の痛みが改善する

本当に技術を身に着けたい人のための少人数、徹底指導の技術スクール コリトリスクール一期生83回

記事を読む

究極の理想

スクールの風景から ~筋肉をめくることによる効果と痛みやコリは層になる~

https://www.youtube.com/watch?v=BEbvdCPOt3k &nb

記事を読む

新着記事

【女性でも出来る指圧】力を使わずに深い圧が入る肘圧の方法

力要らずで深くて気持ちが良い肘圧の方法 今回は肘圧の方法をお伝えします。 肘圧はとても

記事を読む

ストレッチじゃダメ 頚椎のズレによる癒着を剥がせば肩甲骨の可動域が改善する

肩甲骨の動きを良くするのはストレッチだけではない 今回は実際の施術風景をお届けします。

記事を読む

コリをほぐせてるのに【リピートが無い】【口コミがない】指圧師や整体師の間違った考え

コリをほぐせても【リピートが無い】【口コミがない】施術者は○○がない 今回のブログはお客様の

記事を読む

あなたの知らない正しいツボの捉え方

正しいツボの捉え方 今回は正しいツボの捉え方をお伝えします。 多くの鍼灸師、指圧師、整体師が

記事を読む

【解説付】肩コリと背中のコリをほぐす肘圧、手根圧、母指圧の指圧マッサージ

リラクゼーションほぐしで肩コリと背中のコリをほぐす 他の施術者がどんなほぐし方をしているか気

記事を読む

Comment

  1. 西  より:

    こんばんは。最近ブログを拝見させて頂いております。鍼灸師の西と申します。
    先生のおっしゃる凝り物質は押さえると痛いのでしょうか?いわゆるトリガーポイントや筋硬結とは違うのでしょうか?最近治療で行き詰まることが多いので何かヒントがないかと模索していたところ先生のブログに行き着いた次第でございます。お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

    • shin-wellness より:

      こんにちは
      コメントありがとうございます。

      ブログの機能をあまり使い慣れていなくて今、西さんのメッセージに気付きました。遅くなり申し訳ありません。

      早速ですが、コリ物質という概念は西さんの仰る通り、トリガーポイントとも一致する所はあります。しかし僕もトリガーポイントの本を持っていますが、それ以外のポイントもたくさんあります。
      と言うより、トリガーポイントはポイント(点)のみですが、コリ物質はもっと大きな範囲、塊で考えます。それは経絡のような繋がりでも考えます。またトリガーポイントは押し方まで考えていませんが、角度やミリ単位の場所の特定まで考えます。ただ押すだけではダメなのです。これは皆さんの普段の指圧や鍼でも言えます。手ほどきしてもらった場所や手技をやればいいだけではないのです。最終的にはその人の身体から感じ取ることが大事なのです。それをセミナー受講者にも常に言ってます。

      そしてその大きな存在の中に一点、崩れていくポイントを捉えていくのです。それによってその部位の筋拘縮も解け、全身の気血の流れも良くなって全身の不定愁訴も解消していくのです。
      実際にコリ物質を捉えるとトリガーポイントのように色々な所に響きます。人によっては膝の周囲をやっているのに頭、腕に響く人もいます。コリ物質を捉えることはトリガーポイントよりも
      大きく身体を変えるのです。

      どのように行き詰まっているのかわかりませんが、人の身体を診る時や治療をする時、僕は身体(肉体、心、環境など)を大きな括りでで診ることが大事だと考えています。ニンゲンはパーツだけでは生きていません。内面や自然界も含めた全部で「活きて」いるのです

      もし興味ありましたらセミナーやパーソナルレッスンに参加してみてはいかがでしょうか?

      長文になってしまいましたが、最後にもし何か質問などがありましたらこちらのブログではなくメール、お電話でご連絡ください。そうするとすぐに確認できるので。ちなみにヤフーメールですと迷惑メールにかかってしまう可能性があるので、一日経っても返事がない場合は直接一報ください

      西さんの治療がより一層高まる事を願ってます
      宮近

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【女性でも出来る指圧】力を使わずに深い圧が入る肘圧の方法

力要らずで深くて気持ちが良い肘圧の方法 今回は肘圧の方法をお伝

ストレッチじゃダメ 頚椎のズレによる癒着を剥がせば肩甲骨の可動域が改善する

肩甲骨の動きを良くするのはストレッチだけではない 今回は実際の

コリをほぐせてるのに【リピートが無い】【口コミがない】指圧師や整体師の間違った考え

コリをほぐせても【リピートが無い】【口コミがない】施術者は○○がない

あなたの知らない正しいツボの捉え方

正しいツボの捉え方 今回は正しいツボの捉え方をお伝えします。

【解説付】肩コリと背中のコリをほぐす肘圧、手根圧、母指圧の指圧マッサージ

リラクゼーションほぐしで肩コリと背中のコリをほぐす 他の施術者

→もっと見る

PAGE TOP ↑