*

背骨の癒着を除去すれば自律神経失調症や首や肩のコリが改善する

今回の記事では自律神経失調症の改善するポイントをお伝えします。明確な原因が無いのに肩こりや不眠、慢性疲労や頭痛等、様々な不調に悩まされている方は今回のポイントが原因かもしれません。

また、自律神経失調症を訴える患者さんの症状を手掛ける手技療法の方はこの記事を参考にして施術に取り組んでみてください。

今回の記事で得られる事
・自律神経失調症が起こる原因をお伝えします

 

・自律神経失調症の改善する方法をお伝えします

その前に簡単に僕のプロフィールです。

宮近のプロフィール
26歳の時に脱サラして鍼灸指圧師となり、現在(2022年)18年目となります。

 

その間、整骨院やリラクゼーション店など様々な店舗で働いてきて、9年前に渋谷区広尾に施術代60分15,000円の治療院SHINを開業しました。毎日平均して4~5人施術しています。

 

そしてミュージシャンのコンディショニングのケアとして、コンサートの全国ツアーにトレーナーとして帯同等も経験しています。何万人の前でステージを披露する方達は多大なプレッシャーとの戦いです。それによって時には自律神経が乱れて様々な不調が起こります。そのケアも踏まえてコンディショニングをやっています。

 

また開業以来9年間、患者さんの集客のための広告費は0円です。来院して頂いた患者様のご紹介だけで成り立っています。

 

この様に比較的高い単価でも、継続して頂けたり紹介して頂けてるのは、他では改善出来なかったコリや痛みを改善出来ているからです。

 

その中に自律神経失調症に悩まされている患者様もたくさんいらっしゃいます。しかし、その方達も改善して日々を過ごされています。

自律神経失調症の改善するポイントは背骨の癒着にある

前回のコラムで自律神経失調症の症例を掲載しました。

自律神経失調症のような内臓の精密検査や血液検査などに異常がない不調を改善するポイントは背骨です。自律神経失調症に陥っている方達の多くは、背骨に付着している筋肉や靭帯が癒着しています。すると、背骨周囲の血液やリンパの流れが悪くなります。また背骨を覆う筋肉が癒着しているために、背骨自体も動きが悪くなってしまっているのです。この様な状態に背骨が陥ると身体に色々な症状が出てしまうのです。つまり自律神経失調症になるのです。また自律神経失調症ほどの症状ではなく、肩コリや首のコリくらいの症状も引き起こします。

実際に肩こりが酷い人や内臓の調子がすごく悪い人、不眠な人は背骨や肩甲骨と筋肉の境目がわからず、背中が一枚の板のように真っ平らになっています。

なぜ背骨が癒着すると自律神経失調症になるのか

ではなぜ背骨が癒着すると自律神経失調症になるのでしょうか?

原因としては背骨には脊髄という人間の中枢神経が走っています。また背骨の際には交感神経という自律神経も走っています。ですから背骨が癒着していると脊髄や交感神経などに多大なストレスが掛かってしまうのです。そのために自律神経が乱れてしまうのです。

中医学の観点から背骨の癒着と自律神経失調症を診る

背骨の真上には「督脈」という経絡(気の流れるライン)が走っています。この経絡は生殖器の所から頭へ背骨の真上を伝って上がり、後頭部からぐるっと頭の前〜顎まで走っています。そしてそれだけではなく、後頭部にある「ぼんの窪」辺りから体内に入って脳へ直接経絡が走ります。つまり背骨が癒着などで気の通りが悪くなると、脳へ気が届かなくなり脳の機能が低下してしまうのです。それはつまり自律神経が乱れる要因になるのです。

自律神経失調症とストレスの関係

自立神経失調症はほとんどがストレスから発症する症状です。ストレスと言っても精神的ストレスだけではなく、生活のリズムがバラバラによるストレス、液晶画面を見過ぎて光線を浴びてしまうストレスといった自分では感じにくいストレスもあります。

また、ストレスというと負の要素だけを考えてしまいがちです。しかしストレスとは負の要素だけではありません。仕事にやりがいがあり、楽しんでいても、毎日睡眠不足なくらいの仕事量だったり、仕事先での付き合いが多かったりすると体にとってはストレスなのです。また周囲に気配りが好きで得意な方も、気を使うという側面からやはり体にはストレスを感じる事があります。

仕事をポジティブにバリバリやっている人や人が好きで気を配るのが好きという人はそのストレスに気づいていない事も多々あるのです。気配りと言うと聞こえはいいですが、悪く言うと周囲に常に神経を注いでいて気が休まない状態です。やはりその様の状態は頭にとってはストレスなのです

自律神経失調症の改善方法

では自律神経失調症を改善するためにどの様に施術を行えばいいのでしょうか。

大事なことは背骨の癒着を取り除く事です。その癒着を取り除けば、背骨周囲の血液やリンパの流れが良くなります。また背骨周囲の脊髄や交感神経などへの負荷も減ります。そうする事で自律神経が正常に働き出すのです。

また背骨の動きが良くなる事で背中、肩、首の筋肉への負担も減り肩こりも改善するのです。

当院でも自律神経失調症を訴えて来院される患者様はたくさんいます。例えば自律神経失調症のために休職まで陥った方もいらっしゃいました。他にも今まで自律神経失調症に悩まされて沢山の病院や鍼灸院、整体院に通った方もいらっしゃいました。しかし今ではその悩みも解消して毎日元気にプライベートや仕事を過ごしていらっしゃいます。

そのほとんどの方がやはり背骨周囲が癒着しており、背骨の骨がわからないくらいむくんでいました。

ですからこの背骨の癒着を剥がす施術をしっかり行います。そうする事で今までにないくらいの爽快感や睡眠の質が良くなるなどの体の変化が起こります。

もちろん自律神経が乱れるくらいの症状なので、一回の治療で完治するという事はありません。自律神経失調症というのはかなり体の状態が悪くなっているからこそ起こります。ですからある程度の期間をかけないと改善しません。

しかししっかりと体と向き合い、継続して治療していけば改善していきます。悩まされている方はぜひ一度SHINで治療をしてみてください。

自律神経失調症に悩まされている方は当院にお任せください

↓施術のご予約やお問い合わせはこちらから

施術のご予約&お問い合わせ専用LINEアカウント

友だち追加

施術のご予約&お問い合わせメール

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeoPuirtgzZg_IoPZliS74pIx7MaVur8lKwoFTQhcX2Bn6a_w/viewform

~~~

根深いコリや根深い痛みを改善する力を学びたい方は下記のセミナーやスクールに参加してみてください

下記のセミナーやスクールのスケジュール案内や問い合わせはLINEのメルマガ登録すると簡単です

↓施術者向けのセミナーのご予約&お問い合わせ専用LINEアカウントはこちら

友だち追加

当方は根深いコリや根深い痛みの改善を得意としています。そのカギとなるのは「骨をほぐす事」です。

根深いコリや根深い痛みの原因個所は「骨」にあるのです。その骨をアプローチする方法です。

これを学びたい方はセミナーやスクールで学んでみて下さい。また考えをまとめた小冊子を無料配布しています。詳細は下記の内容をご覧ください

~~~~~

<コリトリスクール>

「リピートしてもらえない」「あなたにしか体を任せられないと言われる施術者になりたい」コリトリスクールはそんなあなたに徹底的に付き合う生徒ファーストのスクールです。

【学べる事】

  • 体の使い方の基本 施術の基本は腕や手の力を使いません。また足腰を脱力した状態で行います。この基本が出来ると簡単に深くまでほぐせます。しかも自分の体にも負担が少ないです。しかし本当に正しい基本をほとんどの施術者が教えてもらえてません。
  • 根深いコリや痛みを改善するテクニック 根深いコリや痛みの原因である骨の癒着や深層筋膜の癒着、そして関節の癒着を剥がす宮近独特のアプローチ方法を教えます。
  • 細部まで理解できる繊細な触診力 施術効果の差で決定的な力は<触診力の差>です。原因個所を見つけるのは理論だけではありません。細部まで感じ取れる繊細な触診力です。しかしこの触診力を鍛えるスクールはありません。なぜならば講師業の人で教えられる人がいないからです。このスクールでは他では教えてくれない繊細な触診力を教えます。
  • 考える力 コリや痛みを改善するためには一人一人に適した施術を施せる事が大事です。そのためには今から施術する人の体を知ってそこから施術方針を決める事が大事です。決して覚えたテクニックや理論を考えもなく施してはダメです。 そのためには「考える力」が必要です。 スクールではいつも生徒に考えさせます。そうする事で理論やテクニックを本当の意味で使いこなせる施術者になれます。

72カリキュラムを4名の少数精鋭で手取り足取り指導していきます。

コリトリスクールの生徒は随時募集していますので、詳細はこちらをクリックしてください


https://shin-wellness.com/school/

<根深いコリや痛み、長年抱えたコリや痛みを改善できるセミナー>

【学べる事】

  • 体の使い方の基本
  • 細部まで理解できる繊細な触診力
  • 根深いコリや痛みを改善するテクニック

スクールで教えているこの3つを教えます。

初めての方は「ベーシックセミナー」に参加して頂きます。

ベーシックセミナーの開催日時や詳細はこちら↓

https://shin-wellness.com/seminar/embed/#?secret=fTbAD7vkXd

2回目以降は毎月テーマを上半身と下半身と交互に行っております。

日時の詳細やお申し込みはこちらから↓

https://shin-wellness.com/seminar/embed/#?secret=fTbAD7vkXd

<米国での解剖実習を活かした「骨を動かす」「骨から剥がす」頭蓋骨へのアプローチ>

セミナーと5回のマスターコースを行います。

セミナーとマスターコース(カリキュラム5回)があります。
セミナーはどの様なアプローチかを体感してもらうセミナーです。こちらを受講して本格的に学びたいと思った方は合計5回のマスターコースで学んでください。このセミナーに参加された方はマスターコースの割引があります。

セミナーの開催日時やお申し込みは下記のリンクでお願いします。

https://shin-wellness.com/skull/seminar/embed/#?secret=Rf2qNXrrhj

・頭蓋骨アプローチ マスターコース

マスターコースは5回です。この5回でアプローチする場所やアプローチのコツを学んでもらいます。

<宮近の考えや症例を掲載した小冊子>

根深いコリや痛み、長年患っているコリや痛みの考え方や改善方法、また宮近が治療を手掛けてきた症例をまとめた小冊子をご覧になりたい方

小冊子「背骨をほぐせば身体が変わる」を無料配布中、詳細はこちらから

関連記事

危機感はありますか

危機感はありますか?

この業界は今、飽和状態です。生き残りの厳しい業界です。それは店舗という規模だけではありません。施術者

記事を読む

渋谷区広尾鍼灸治療院しん宮近肩こり治療

精神的な疲れから来るコリや不定愁訴は背骨をほぐす訳

肩こりや背中のコリもそうですが、原因の不明な頭痛や慢性疲労等の不定愁訴も精神的な疲れが影響している場

記事を読む

【首のコリ】根深いコリを解せる指圧 鋭くないのにピンポイントで解せる指尖の施術方法 shiatsu

指圧で指尖を使った首のアプローチ方法 以前指圧の指尖の有効性のお話をしました。今回は実際に視

記事を読む

身体が変われば心も変わる

身体が変われば心も変わる

当院では常々、身体が変われば心=気持ちや考え方も変わると考えています。 いつもはスムーズにいく事で

記事を読む

受講生が初めて気付くこと

受講生が初めて気づくこと

当方の技術講義参加者達がここで初めて気づいた事の中で多く聞かれる声が 「筋肉が柔らかくなってい

記事を読む

新着記事

施術者が知らない肩甲骨剥がしのポイント&肩甲骨に指が入らない場合の対処法

肩こりや首のコリを抱えている方を施術する時に使うテクニックで肩甲骨剥がしがあります。多くの施術者が

記事を読む

検証実験 低い位置の水平指圧で強押しできるのはどちらの姿勢か

膝で立って押す方法はダメです 指圧やもみほぐしで水平に押したい時、よく膝で立って押している人

記事を読む

物理学に基づいた力のいらない正しい母指圧の方法

自然の力を利用する物理学に沿った方法で母指圧を行えば力を使わずに誰でも深くまで押せます もみ

記事を読む

施術動画 揉んでも取れない肩こりを筋膜や骨の癒着を剥がして改善する

ほぐしてもなかなか取れない肩こりや首こりは骨や筋膜の癒着を剥がせばいいのです 揉んでもあまり

記事を読む

腰痛や膝痛、座骨神経痛の原因でもある大腿二頭筋”腱”のアプローチ法公開

”腱”と”骨”と”靭帯”は直接触っても良い場所です。今回は大腿二頭筋腱のアプローチを公開します

記事を読む

Comment

  1. 西  より:

    こんばんは。最近ブログを拝見させて頂いております。鍼灸師の西と申します。
    先生のおっしゃる凝り物質は押さえると痛いのでしょうか?いわゆるトリガーポイントや筋硬結とは違うのでしょうか?最近治療で行き詰まることが多いので何かヒントがないかと模索していたところ先生のブログに行き着いた次第でございます。お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

    • shin-wellness より:

      こんにちは
      コメントありがとうございます。

      ブログの機能をあまり使い慣れていなくて今、西さんのメッセージに気付きました。遅くなり申し訳ありません。

      早速ですが、コリ物質という概念は西さんの仰る通り、トリガーポイントとも一致する所はあります。しかし僕もトリガーポイントの本を持っていますが、それ以外のポイントもたくさんあります。
      と言うより、トリガーポイントはポイント(点)のみですが、コリ物質はもっと大きな範囲、塊で考えます。それは経絡のような繋がりでも考えます。またトリガーポイントは押し方まで考えていませんが、角度やミリ単位の場所の特定まで考えます。ただ押すだけではダメなのです。これは皆さんの普段の指圧や鍼でも言えます。手ほどきしてもらった場所や手技をやればいいだけではないのです。最終的にはその人の身体から感じ取ることが大事なのです。それをセミナー受講者にも常に言ってます。

      そしてその大きな存在の中に一点、崩れていくポイントを捉えていくのです。それによってその部位の筋拘縮も解け、全身の気血の流れも良くなって全身の不定愁訴も解消していくのです。
      実際にコリ物質を捉えるとトリガーポイントのように色々な所に響きます。人によっては膝の周囲をやっているのに頭、腕に響く人もいます。コリ物質を捉えることはトリガーポイントよりも
      大きく身体を変えるのです。

      どのように行き詰まっているのかわかりませんが、人の身体を診る時や治療をする時、僕は身体(肉体、心、環境など)を大きな括りでで診ることが大事だと考えています。ニンゲンはパーツだけでは生きていません。内面や自然界も含めた全部で「活きて」いるのです

      もし興味ありましたらセミナーやパーソナルレッスンに参加してみてはいかがでしょうか?

      長文になってしまいましたが、最後にもし何か質問などがありましたらこちらのブログではなくメール、お電話でご連絡ください。そうするとすぐに確認できるので。ちなみにヤフーメールですと迷惑メールにかかってしまう可能性があるので、一日経っても返事がない場合は直接一報ください

      西さんの治療がより一層高まる事を願ってます
      宮近

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

施術者が知らない肩甲骨剥がしのポイント&肩甲骨に指が入らない場合の対処法

肩こりや首のコリを抱えている方を施術する時に使うテクニックで肩甲骨剥

検証実験 低い位置の水平指圧で強押しできるのはどちらの姿勢か

膝で立って押す方法はダメです 指圧やもみほぐしで水平に押したい

物理学に基づいた力のいらない正しい母指圧の方法

自然の力を利用する物理学に沿った方法で母指圧を行えば力を使わずに誰で

施術動画 揉んでも取れない肩こりを筋膜や骨の癒着を剥がして改善する

ほぐしてもなかなか取れない肩こりや首こりは骨や筋膜の癒着を剥がせばい

腰痛や膝痛、座骨神経痛の原因でもある大腿二頭筋”腱”のアプローチ法公開

”腱”と”骨”と”靭帯”は直接触っても良い場所です。今回は大腿二頭筋

→もっと見る

PAGE TOP ↑