*

コンサートの本番中に指が動かなくなった 20代男性

公開日: : 施術者向け, 症例・お客様の声

当方は院内施術以外にも様々な仕事を請け負っています。その一つとしてコンサートの全国ツアーに帯同し、アーティストをケアするトレーナー業も行っています。その時の症例です。

 

以前行われたあるバンドの全国ツアーでの事。本番前に身体を調整をしてステージに送り出すのですが、その日も無事に送り出し、楽屋で一時の休憩をしていました。すると、マネージャーさんから連絡が入りました。

「ベーシストの指が動かなくなったようなので、なんとかしてもらえますか?」

本番が始まって演奏していたら指が動かなくなったようです。

このバンドは若者に人気のバンドで、たくさんの曲がドラマやCMにタイアップとして使われ、老若男女問わず一度は聞いたことがある有名なバンドです。

ですので全国ツアーの規模は大きく、公演数が多いため身体への疲労はかなりのものでした。この時も全国ツアーの終盤にかかっていたので腕にかなりの疲労があったのです。

ただ一つ断わっておくと、このバンドはボーカルとドラム、ベーシストの3ピースバンドなのですが、僕が施術を行っていたのはボーカルとドラムのみでした。ベーシストは人に触られるのが嫌いという事で、僕は一度も施術を行っていなかったのです。だから身体の疲労が抜け切れていなかったのだろうと思います。

 

さてさて本題。連絡を受けたのですが、本番は始まってしまっています。控室に戻ってくるわけにはいきません。ですので、ステージの袖で立ったまま施術を行うことになりました。しかしコンサートを何分も中断するわけにはいかないので、曲が変わる間のステージが暗転している間にステージ袖で行うのです。

その時間はものの3~40秒。しかも本人が自分の立ち位置に戻る時間も考えたら、実質施術が出来る時間はほんの20秒です。その間に動けるようにせねばなりません。

極力移動時間を短くして施術時間を確保するために、ステージの袖ギリギリに立って待ちます。そこからは観客席が丸見えです。ステージの上というのは案外一人一人の顔がはっきりと見えるのです。こんな雰囲気で歌っているのだと感心したものです。もう自分もステージに上がっているのではと勘違いしてしまうほどの場所です。違う意味で緊張が高まります。

 

そしていざステージが暗転。本人が駆け足でステージ袖に。僕が施術。20秒後、スタッフに促されて本人が再度自分の立ち位置へ。照明が付く。。。

無事に楽曲がスタートしました。軽快で胸に響き渡るベースの音がします。その音色を聞き、ほっと一息ついて僕は控室に戻りました。

 

治療ポイント

前腕の筋肉や骨の隙間にアプローチしました。特にベースは人差し指と中指の負担が多いです。その二本を形成する筋肉の周囲の隙間が特に集中します。

中医学では痛みやコリが発生してしまうのに法則があります。

「不通則痛(通らなくなると痛む)」

これは痛み以外にも神経痛のような状態もそうですし、今回のように気血が通らなくなって動かなくもなってしまうのです。ですので、通せんぼをしている原因をアプローチするのです。それは目の前の身体からしかわかりません。またこの原因は筋肉と筋肉の隙間や筋肉の裏側にあります。それを取ってあげれば栄養されて動くようになるのです。大事なのは筋肉ではありません。筋肉の隙間です。

また、施術効果を出すのにとても重要な要素があります。それは「どのようにしたら良くなるのかをビジョンとしてイメージできる事」です。どういう事かというと、施術を施す前にその訴えている症状を解消する手順が頭の中で既に出来上がっているという事です。

施術はただ闇雲にやって効果が出ることはありません。自分の中で良くなるイメージが沸かずに、どこかで習ったことを単にやっただけでは効果は半分も出ません。技術力というのをそこを履き違えている人が多くいます。聞いた、習った、で習得したわけではないのです。

この集大成が今回の症例の様に20秒で施術効果を出す事に繋がります。

 

 

【ご案内】骨格調整やもみほぐしとは違う身体を改善させていく技術に興味をお持ちいただけた方へ

当方の考えが詰まった小冊子と毎月技術セミナーを開催しています。ぜひ参考にしてみてください

 

 

セミナー開催日

10月22日日曜10時〜13時

11月26日日曜10時〜13時

12月24日日曜10時~13時

 

「コリ物質」を解説した小冊子を無料配布中、詳細はこちらから

コリ物質を体感できる3時間セミナー開催中、詳細はこちら

 

関連記事

事前に原因と施術方針を明確にする必要性 ~問診の重要性~

本当に技術を身に着けたい人のための少人数、徹底指導の技術スクール コリトリスクール二期生22回

記事を読む

ポイントとなる隙間の場所

生徒からの提案による授業~知識の詰込みがスクールではない、実際の仕事に活きる事が大事~

今日は「本当に技術を身につけたい人のための少人数・徹底指導の技術スクール コリトリスクール一期生第5

記事を読む

手技療法で中医学を応用する ~中医学は鍼だけのものではない~

本当に技術を身に着けたい人のための少人数、徹底指導の技術スクール コリトリスクール3期生10回目授業

記事を読む

徹底的な臆病と心配が成長、成功を産む

徹底的な臆病と心配が成長、成功を産む

成功者達の言葉 この仕事をしてて得する事の一つに、僕のような一般人では絶対に会えない日本経済を

記事を読む

経験の浅い施術者向け  足の施術例  宮近が普段行っている施術をお見せします

施術の組み立てに悩んでいる方、正しい体の使い方を知りたい方向け 以前、背中肩の部位で宮近が普

記事を読む

新着記事

生理痛の腰痛を10分で改善 コツは叩打法で骨盤を緩ませる整体 Treatment to eliminate low back pain of menstrual pain

生理時期の腰痛を訴える患者さんを治療しました 生理時期の腰痛に悩まされている方を治療しました

記事を読む

【指圧整体】動かしづらかった股関節(中殿筋が使えない)の意外な原因個所  Hip does not move Gluteus medius shiatsu

股関節が動かしづらい方を施術してみた 実際に症状がある方を施術する動画です。 今回は右

記事を読む

【冷え性や生理痛改善にも効果的】 指が入らないほどのふくらはぎの張りやむくみを簡単にほぐす方法 Technique to loosen calf tension

パンパンなふくらはぎを簡単にほぐす方法 パンパンに張ったふくらはぎをしっかりほぐしたい

記事を読む

【首のコリ】根深いコリを解せる指圧 鋭くないのにピンポイントで解せる指尖の施術方法 shiatsu

指圧で指尖を使った首のアプローチ方法 以前指圧の指尖の有効性のお話をしました。今回は実際に視

記事を読む

指圧でツボがズレる人の原因 指圧でコリや痛みを改善したければ垂直圧だけじゃダメ

指圧の基本は垂直圧です。垂直圧によって体にしっかりと圧が入り、気持ちが良い指圧になります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑